shakensho

軽自動車を買取査定を利用し、買取業者に売却する際に必要となる書類がいくつかあります。

基本的には業者の担当者が必要な書類を教えてくれるので、困るようなことは滅多にありませんが、事前に把握しておいて準備しておくことで、よりスムーズに手続きを進めることができます。

参考までにどんなものが必要か確認しておきましょう。

車を売却するときに必要な書類

shakensho

冒頭の通り、買取業者に車を売却するときには、いくつかの書類が必要となります。

手続きを滞りなくすすめるためにどのような書類が必要になるのか、事前に確認しておきましょう。もしも分らないものや不明な点があれば遠慮なく業者の担当者に聞いてしまいましょう。

 

車を売却する際に必要となる書類は以下のものになります。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印、印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状

 

車検証、自賠責保険証明書

車検証・自賠責保険証明書の2点は車に普段から積んでおくものなので、改めて用意する必要はありません。

「間違いなくある」ということを確認しておけば問題ありません。

万が一紛失していたことが判明した際には、それぞれ車検証は運輸局、自賠責保険証明書は保険会社に再発行してもらうことが可能です。

自動車納税証明書

自動車税を納税した際の証明書です。

車検を受けるときに合わせて提出していたと思いますが、こちらももしも紛失してしまった場合は運輸局で再発行してもらうことができます。

実印・印鑑証明書

実印はあなたの自宅に保管しているかと思いますので問題ありません。

印鑑証明書は最寄りの役所で発行してもらうことができます。こちらの証明書は発行日からの有効期限があるので、売却が確定してから用意した方が良いでしょう。

リサイクル券

自動車のリサイクル料を支払いしてあることを証明するものです。

リサイクル券の再発行はできません。

ですが、自動車リサイクルシステム内で「自動車リサイクル料金の預託状況」を預託証明書の代わりとして利用することができます。

預託していない場合は不要です。

譲渡証明書・委任状

これらの書類は軽自動車の場合は不要なこともあります。

大体買取業者の方が持参してくれるので、用意しておく必要はありません。

まとめ

これらの書類は出張査定を受けるときに用意できるものは用意しておいた方が査定時に役立ちます。

整備手帳や取扱説明書等も車に積んであると思いますので、査定時に提出しておきましょう。査定の参考になりますので。

keijidousya-kaitori