alto-lapin

軽自動車は各自動車メーカーからたくさんの車種が販売されています。

ここ数年では力の入れようも変わってきているようで、より機能性、デザイン性、拡張性を持たせた軽自動車が登場してきています。

この中でも特に売れている人気車種は売れる一方で売却される数も多いです。

では、「人気車種=高額査定」となるのでしょうか?

2014年軽自動車人気ランキング

2014年の軽自動車の累計販売台数をランキングでご紹介します。

ここにランクインしている車種は「売れていて人気がある」と判断できます。

あなたの愛車も含まれているかチェックしてみてください。

第1位 ダイハツ タント

tanto販売台数:201,442台

販売価格:151万~185万

 

第2位 ホンダ N-Box

n-box販売台数:152,309台

販売価格:127万~168万

 

第3位 日産 デイズ

days_200販売台数:149,018台

販売価格:109万~177万

 

第4位 スズキ ワゴンR

wagon-r販売台数:140,915台

販売価格:107万~149万

 

第5位 ホンダ N-WGN

n-wgn販売台数:129,660台

販売価格:137万~167万

 

第6位 ダイハツ ミラ

mira販売台数:116,856台

販売価格:76万~131万

 

第7位 ダイハツ ムーブ

move販売台数:113,587台

販売価格:110万~157万

 

第8位 スズキ スペーシア

spacia販売台数:100,257台

販売価格:126万~162万

 

第9位 スズキ アルト

alto販売台数:91,477台

販売価格:86万~107万

 

第10位 スズキ ハスラー

husler販売台数:86,318台

販売価格:107万~166万

 

 

人気車種と査定額の関係性

上記で2014年での人気ランキングをご紹介しましたが、どれもCMや広告で見かけたり、聞いたことのある車種ばかりだったと思います。

この傾向は大きく変わらず、大体この辺りの車種が毎年ランクインしています。

 

では、これらの車種は高額査定になりやすいのかということですが、

これは、

「人気車種=高額査定」とはなりません。

 

何故かというと、まず人気車種は販売台数が非常に多いのはわかるかと思います。

そして売却される台数もその分多くなるため、中古車市場に出回る台数も多くなってしまいます。

人気車種は中古車としても人気になりやすいのですが、そうだとしても中古車市場では在庫が余ってしまい「需要<供給」という形になってしまうわけです。

なので、買取業者もそこまで高額での買取は難しくなってしまい、査定金額が低めになってしまうということも少なくありません。

 

また、人気車種だったとしても、限定仕様・特別仕様のグレードだった場合は通常よりも高額で買い取ってもらえることもあるようです。

 

keijidousya-kaitori