軽自動車を売却する上で考慮しておいた方が良いのが「売る時期」です。

時期によって査定金額が変動することがあるなんてのは、なかなか聞かない話ではありますが、無視はできないところです。

少なくとも何も考えずに適当に売るよりは絶対に良いので、いつ頃売れば損しないのかを把握しておきましょう。

車が売れる時期との関連性

一般的に車が売れやすい時期は1月~3月です。各社の新車種やモデルチェンジなどはこの時期にされることが非常に多いですね。

 

なぜ1月~3月に車が売れやすいのか?

これは4月に入ってしまうと、今現在乗っている車の自動車税を支払う時期がやってくるからです。

車を買う気があっても税金を納めてしまえば、もったいないから来年の春まで待とうという結論に至る場合が大半です。大損してしまいますからね。

 

そのため、1月~3月に車を購入する人が多くなるというデータになっています。

 

では、この車が売れやすい1月~3月に車を売却している人が多いのかというと、そういうわけでもありません。

たしかに車を買うと同時に下取りに出したり、買取査定を利用して売却する人もいます。割合的にこの流れで車を売却している層は多いのですが、「損をしていないか?」というとおそらく多少は損しています。

何故なら、1月~3月に車を売却するということは、「車が1歳年を取ったばかり」になりますね。査定時に年式が1年古くなった状態になってしまうわけですね。

つまり、「車が売れる時期」と「車の売り時」はイコールにはならないということです。

軽自動車が高く売れやすい時期

軽自動車の売り時には諸説色々ありますが、一般的に業界では「4月~9月」と言われています。

これには一応理由もありまして、まず11月~年末は査定金額が安くなりやすいです。

そして1月~3月は前述した通りです。

 

そのため、最大限高い金額で車を売却するには「4月~9月」の間が理想的な時期になります。

 

上記時期に売却すれば損をすることは中々ないのですが、時期を狙い過ぎて売却するのが遅くなってしまうことで、結果的に査定金額が減ってしまうこともあるため、参考レベルで考えておくのが良いです。

特に時期を意識することで年を跨いでしまう場合は注意してください。年式が1年古くなるデメリットもあるため、あながち時期が全てでは無くなりますので。

時期を先延ばしにすることで、走行距離も増えてしまいますし、先延ばしのリスクは色々出てきます。軽自動車の場合は、走行距離による変動が顕著に表れやすい傾向もありますので。

実際、「売りたいときが本当の売り時」ということも言われていますからね。

keijidousya-kaitori