keijidousya_01

車の状態にもよりますが、軽自動車は普通乗用車よりも高額査定になることがあります。

購入時の価格は断然軽自動車の方が安いのに売却時には金額の逆転現象が起きるのは何故なのかご存じでしょうか?

今、軽自動車が人気になっている理由

軽自動車は今日本で一番売れている車の種類です。

これは近年ぐんぐん高まっています。各メーカーからも軽自動車は色々と開発されており、全体の40%を軽自動車が占めるぐらいの割合になってきています。

その大きな理由として、以下が挙げられます。

購入金額・維持費が安価

セダンやミニバンと比べると軽自動車の購入金額は非常に安いです。例えば、クラウンのようなセダンですと新車販売価格が400万~600万円ぐらいにはなります。ノアやヴォクシーのようなミニバンでも販売価格が300万円以上にはなります。

ですが、軽自動車ですと新車販売価格が100万~150万円ぐらいで購入することができるため、贅沢にオプションを購入しても200万円以内で収まります。

ガソリン代や自動車税・重量税なども軽自動車の方が遥かに安いです。(3000ccクラスのセダン車の5分の1以下です

軽自動車の全体的なレベル向上

軽自動車の普及が進むにつれ、各メーカーによる開発スキルも向上しており、軽自動車といえど車の完成度が高いものになってきています。デザイン性・安全性・燃費・拡張性どれもレベルが高いものになっています。

最近ですとデザイン性や安全性は非常に目を見張る上昇度かと思います。

軽自動車の中でも様々なグレードが用意され、購入者の希望によってカッコいいものや可愛いデザインのものを選択できるようになってきており、若い世代や女性からの需要がどんどん高まっている傾向があります。

軽自動車が高額査定になりやすい理由

軽自動車は前述した通り、世間からの需要が非常に高まり続けています。そのため、中古車市場での需要も比例して高まっていっています。さらに軽自動車自体が比較的早めに乗り換えられる傾向があるため、5万km以内で売却されるケースが普通乗用車と比べると多いです。

そのため、走行距離が比較的少なめで売却することになるため、査定金額も普通乗用車に比べて高額査定になりやすい傾向があります。

車の状態や走行距離によっては、新車購入時の80%の金額が売却によって戻ってくることもしばしばあるようです。これは軽自動車ならではの現象ですね。

軽自動車を最高額で売却する

このような高額で軽自動車を売却し、次の軽自動車に乗り換えるときに支払うお金を極限まで減らすことを可能とするのが買取査定です。

自動車ディーラーでの下取りではなく、この買取査定を利用することで最高金額で売却することが可能になるわけです。買取査定はインターネットで無料で簡単に申し込むことができるため、近年人気のサービスです。

査定自体も車を店まで持っていく手間もかからず、全て無料で出張査定してもらうことができます。あなたが愛車を売却しようと考えているならば、まずはインターネットで買取査定サービスを利用するのがオススメです。

 

keijidousya-kaitori