keijidousya_02

軽自動車を買取査定を利用して売却する際にポイントとなるのが走行距離です。

実際どの車を売却するときでも走行距離は大きな目安となりますが、軽自動車の場合も重要な項目なのは間違いありません。

軽自動車の「売り時」となる走行距離

軽自動車を新車で購入した場合、大体5年ぐらいで売却する人が多い傾向があります。「1年=1万km」で計算すると約5万kmとなります。(当然利用状況によって変動しますが)

軽自動車が高額査定になりやすいのは5万km未満の車です。軽自動車は5万kmを超えると査定金額が下がりやすいため、これぐらいで手放すケースが多いと考えられます。

これぐらいのサイクルで手放していくと、高額査定が期待できることが多いため、次の車に乗り換えるときに支払う金額の半分以上をカバーできることも少なくありません。

なので、5年乗って乗り換えて、また5年乗って・・・とうまく軽自動車を乗り換えている人がいたりもします。こういう乗り換え方ができるのも軽自動車の魅力のひとつですね。セダンやミニバン、SUVではなかなかこうはいきません。

 

整理しますと、軽自動車は新車購入してから5年(または5万km)が売り時と判断することができます。これは車種によって多少変動しますが、大体の車種に言えます。

N-BOX、タント、ムーヴ、ワゴンRのような需要の尽きない人気車種であれば5万kmを超えていても高額査定になることがあったりします。

買取査定の相場を調べることで売ろうとしている車の傾向は掴めるので、事前にチェックしておきましょう。

軽自動車の買取査定時の相場金額を調べる

 

keijidousya-kaitori