arumi-while

愛車のカスタマイズで社外のアルミホイールは非常に人気ですね。車を買取査定を利用して売却するときに社外アルミホイールはあった方が良いのでしょうか?

プラス査定になるのかどうかも気になるところですね。

社外アルミホイールでのプラス査定要素

社外アルミホイールは極端に状態が悪く無ければ多少のプラス要素になります。ただしガリキズが多数あったり、腐食や変形などがあればプラス要素が減っていきます。

車の売却後に乗り換えを検討していて、アルミを使い回さないのであれば一緒に査定してもらったほうが良いでしょう。あくまでアルミはプラス要素の増減なので、車体自体の査定金額は変わりません

純正アルミホイールは必須

車には当然メーカー純正のアルミホイールがあります。

買取を利用する際に意識しておきたいポイントのひとつですが、純正部品の欠品を無くすようにすることです。純正部品は基本中の基本なので、ここで欠品があると多少のマイナス要素になってしまいます。

というのも、中古車として売るときに純正部品が欠品していると意外と売れにくかったり、ユーザーが嫌がったりすることが多々あるんです。

そのため、純正部品は買取業者も欠品していないことを好むわけです。もしも普段純正アルミを使っていなくても、手放したりはせずに保管しておきましょう。査定時に純正アルミと社外アルミ両方あると査定時にも好印象ですね。

 

keijidousya-kaitori