kuruma-haisen

軽自動車は新車で購入しても他の乗用車に比べると金額は安いです。

ですが、軽の中古車を購入する人も数多くいます。そのような中古車を買取査定で売るときには不利になることがあるのでしょうか?

中古の軽自動車の評価

中古で購入した軽自動車を買取査定を利用して売るときの車の評価ですが、中古車だからといって評価が下がることはありません。新車でも中古車でも大事なのは車の状態です

中古車でも走行距離が少なかったり、外装内装ともに綺麗な状態であれば新車を売る時と同等の条件で査定してもらうことができます。中古車はあくまであなたが購入した時に中古車であっただけで、売るときにはあなたの所持している1台の車として扱われるということです。

中古車で気をつけておきたいポイント

kuruma-haisen

中古で購入した車ではたまにあることですが、前オーナーが車を自分でいじるのが好きな人の場合、自分では気付かなかった部分がいじられていることがあります。こういったケースは購入したときにも気付かないことが多いです。

そして査定をしてもらうときに判明してしまうことがたまにあるんです。ありがちなのが配線をいじられていたりとかですね。配線をいじるのが好きな人って結構いますからね。オリジナルな変更は改造扱いになることがあるので、マイナス要素になることもあります。

よほどのことが無い限り中古車ショップで気付いて修正されているものですが、絶対ではないのでそういった車を掴まされるケースもあるとだけ認識しておきましょう。そのようなポイントを見つけた時は可能であれば修正しておいた方が良いですね。

修正にお金がたくさんかかりそうなときは、そのままの状態で査定してもらうようにしたほうが良いです。おそらく修正にかかったお金の方が高くつきます

 

keijidousya-kaitori