tax-sozai

軽自動車に乗っている人の理由のひとつとして税金が安いという理由がありますね。

軽自動車の税金は普通乗用車と比較するとかなり安いので、金銭的メリットは非常に高いと世間的には認識されています。

この軽自動車の税金ですが、残念なことに値上げが予定されています。

今後の税金情報についてご紹介していきます。

従来の軽自動車の税金(平成27年3月31日取得分まで)

今までの軽自動車の税金は基本的には7,200円とされていました。

やはり安いですよね。ですが、この金額は平成27年3月31日までに登録された車のみが適用されます。

平成27年4月1日以降に取得した軽自動車の場合は、この金額は適用外となります。

今後の軽自動車の税金(平成27年4月1日以降取得分から)

tax-sozai

平成27年4月1日以降に取得した軽自動車の場合は、こちらの金額が適用されます。

金額は10,800円と規定されています。(年額)

残念ながら1万円を越える金額になってしまいました。

それでも普通乗用車で支払う税金と比べると全然安い金額ではあります。

この金額が適用されるのは軽自動車の中でも一般的な5ナンバーの軽自動車が該当します。(貨物用や営業用の場合は、半額程度の金額となっています)

古い軽自動車の税金はどうなる?

新車登録から13年を経過した軽自動車については、金額が増額となりました。

金額は12,900円となっています。

年式の古い軽自動車に乗っている場合は、税金の金額が他の軽自動車と異なるため、[「なんで自分だけ高いんだ!」と勘違いしないようにしてくださいね。

 

keijidousya-kaitori