syagai-mafrer

車好きのオーナーさんに多いのですが、愛車のカスタムとしてマフラーを社外品パーツに交換したりエアロを取り付けたり、社内にマルチモニタでTVが見れるようにしている人っていると思いますが、これらのカスタムは車を売るときに査定額に関わるのでしょうか?

色々と手をかけてきた愛車だから高く買い取ってもらいたいですし、気になるところだと思います。

車を買取査定に出す前に読んでおいてくださいね。

社外パーツに対する買取業者の評価は?

syagai-mafrer

買取業者は取り付けてある社外品パーツによっては「プラス査定」と評価してくれることがあります。というのもその業界で人気のパーツ等であれば需要も高いためプラス査定として買い取ってもらえることがあるということです。

逆にマイナーな知られていないようなパーツやあまりにも古いものであれば「マイナス査定」となる可能性があります。

つまり社外品パーツはプラス査定にもマイナス査定にも成りえるということになります。

買取査定時は社外パーツは取り外すべき?

実際に買取査定を申し込み、買取業者に査定してもらうときには取り付けてある社外品パーツはそのまま見てもらいましょう。

そして忘れてはいけないのがその場で社外品パーツに対する評価がプラスなのかマイナスなのかを買取業者に確認してください。社外品パーツの評価を教えてもらえないときはその業者には売らない方が賢明でしょう。どんな理由でも情報を隠す業者は信用しない方が良いです。

もしも社外品パーツの評価が軒並みマイナスであれば純正品パーツに戻し、社外品パーツは単品で専門店などに売却するようにした方が良いですね。

傷があるエアロはどうしたらいいか?

earo

エアロを取り付けている車でよく見られるのが破損しているケースです。

ひび割れしている箇所があったり、塗装が剥げている箇所があったりとエアロは傷んでしまいやすいので、綺麗なままというエアロは少ない印象があります。軽自動車に限らずエアロを取り付けている車はけっこう見かけますが、五体満足なエアロを見る機会は少ないです。

ひび割れしている箇所にテープを貼って凌いでいる、本来はかっこいいハズなのに残念なことになっている車って見たことありますよね?

上記のようなダメージがあるエアロはおそらくマイナス査定の対象になる可能性が非常に高いと考えられます。これも一度そのまま買取業者に見せて、評価が悪ければ売却時までに取り外しておくようにしましょう。

純正品パーツは大事に保管しておく

社外品パーツに交換した際に純正品パーツを取り外していると思いますが、必ず大事に保管しておくようにしましょう。もしも純正品パーツが汚れているのであれば綺麗にしておいた方が良いです。

社外品パーツを取り付けている場合、査定時に「純正品はありますか?」とほぼ必ず聞かれます。

欠品は問題外で査定金額が大幅ダウンしてしまう可能性があります。そうならないように純正品パーツは綺麗に保管しておき、車を手放すときに一緒に渡すようにしましょう。

ディーラーでの下取りに出す場合

もしも買取業者へは売らずにディーラーへ下取りに出す場合は、純正品パーツに戻してから下取りに出すようにしてください。

ディーラーでは社外品パーツは評価されにくく、マイナス評価になることの方が多い傾向があります。(下取りの相談をするときに担当者に確認しておいても良いですね)

社外品パーツは他の方法で売却するようにした方が得することができるかと想います。

 

keijidousya-kaitori