keijidousya_01

車を売る方法として、「下取り」という方法と「買取」という方法の2種類があります。

それぞれの違いやメリット・デメリットを確認した上で損をしないように売りたいところです。

それぞれの特徴などを整理したので、参考にしてみてくださいね。

下取りと買取の違い

「下取り」とは自動車ディーラー(スズキ、ダイハツ、ホンダ、トヨタ等)に車を売り、その差額で次の車を購入する形になります。

「買取」とは車買取専門店(ガリバー、カーセブン、ラビット、アップル等)に車を買い取ってもらい、車をお金に換える形です。

それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、ここ最近の傾向としては「買取」でお金に換える人の方が多いようです。

 

下取りのメリット・デメリット

下取りのメリットとしては、そのまま次の車を購入することになるため、手続きが非常に楽です。

基本的にほとんど営業さん任せで済ませられます。

年式の古い車や事故車でも下取りしてもらえるため、その辺りはメリットと呼ぶことができます。

 

デメリットとしては、買取に比べると金額が安くなる傾向があります。

これは某ディーラーの営業さんに聞いたのですが、ディーラーでは車種+年式でほぼ金額が決まっているらしいです。

つまり、どれだけ営業さんが熱心に高く下取りしようと掛け合ってくれても本社の決済ではNGとなってしまうということです。

なので、どれだけ状態が良くてもベース金額よりも大きくアップすることは滅多にありません。

 

買取のメリット・デメリット

買取のメリットとしては、買取額が下取りと比べると高額になる可能性が高いことでしょう。

車にもよりますが、下取り金額の2倍以上で買い取ってもらえることもあります。

軽自動車ならば、需要の高さから高額査定になりやすいため、買取は非常にお得になる可能性がより高くなります。

 

デメリットとしては、複数の買取業者とのやり取りを自分でやらなければならないため、多少面倒なこともあります。

個人差はあると思いますが、いろんな買取業者と電話やメールで連絡を取り合い、日時を調整して、出張査定に立会い・・・と調整することが多くなります。

その分高額で買い取ってもらえるのであれば、多少の面倒はOKですよね。

 

下取りと買取、どちらがお得なのか?

017-1

最終的に下取りと買取、どちらがお得なのかということですが、これは買取で間違いありません。

下取りに出した金額よりも高額で買い取ってもらえれば、次の車を購入するとしても負担する金額は少なく済みます。

ですが、もったいないことに「面倒だから」という理由で安易に下取りに出してしまう人も非常に多いのが現実としてあります。

 

ディーラーで下取りの見積もりを出してもらい、買取業者にその金額を伝えれば、それ以下の金額が提示されることはほとんどありません。

ほぼ確実に高額で買い取ってもらえるのであれば、それを使わない手はないですよね。

keijidousya-kaitori