kuruma-satei

車を最高額で売るためには一括買取査定で複数の買取業者に査定してもらうことが必要です。

各業者の提示金額を整理した上で価格交渉を行うようにしていきましょう。

一括買取査定では店に持っていかなくても出張査定してもらえるので便利なのですが、出張査定時に買取業者が提示してきた金額でその場で即決はしない方が良いです。

出張買取査定のスケジュール調整方法

一括買取査定では複数の業者に車を実際に見てもらうことになるため、業者に出張査定をしてもらうことになります。

ここで注意なのですが、複数の業者を同じ時間に一気に集めて一度で済ませようとしないことです

こういった方法を推奨している人もいますが、後々の交渉に差し支えがでることもあるので、日付は同じでも良いですが1社1社順番に対応するようにしましょう。

その方が買取業者からの印象も悪くならないですし、それぞれの業者の方と話すこともできますからね。

また、このときに出張査定時に提示された金額に対してその場で即決しないようにしましょう。

ひとまず金額の提示だけしてもらってその場は終了で問題ありません。

 

このような流れを繰り返して各買取業者の提示金額を整理していきましょう。

 

買取金額アップへの交渉術

039-1

各買取業者に金額を提示してもらい、整理が終わったら電話やメールで金額交渉を行っていきます。

交渉自体は査定をやってもらった業者全てに行う必要はありません。

一番高い金額を提示した業者と2、3番目の業者あたりで良いです。

 

例えば提示金額を整理すると、以下のようになったとします。

金額
A社 67万円
B社 50万円
C社 75万円
D社 70万円
E社 40万円

この場合、金額交渉を行うのは【A社】【C社】【D社】です。

基準は最高額を提示した【C社】になります。

B社、E社は最高額までの差が大きいため、大幅アップはあまり見込めません。

 

C社以外のA社、D社に

「なんとか75万円以上にならないでしょうか?」

と交渉します。

(このときは「他の店の方が金額が高い」等はあえて伝えないのがミソです)

 

交渉の結果、

  • A社 ⇒ 不可
  • D社 ⇒ 80万円

という結果になったとします。

 

ここでC社に対して「他の業者の方が金額が高かった」と交渉し、80万円以上を目指します。

この結果で金額が高い方に売れば最高額での売却が可能になります。

何度も何度も交渉を繰り返すと印象も悪くなりますし、売る気が無いと思われてしまうこともあります。

なので、金額交渉はやり過ぎ厳禁です。多くても2回までにしましょう。

keijidousya-kaitori