car-ijihi

今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出す人というのは多いですが、下取りにはメリットとデメリットが存在します。車を乗り換えるのであれば自分が損をしない方法で車をお金に替えて賢く次の車へ乗り換えていきましょう。

車を下取りに出すメリット

  • 簡単に手続きが終わる
  • 次の車への乗り換えが楽
  • 買取してもらえない車でも引き取ってもらえる

車をディーラーに下取りに出す場合、次の車への乗り換えが決まっています。そのため、売却の手続きから次の車の購入までがひとつの流れで完結します。売却の手続き自体もディーラーの営業さんが用意してくれる書類に記入していくぐらいで終わるので非常に簡単です。

買取業者とディーラーでは車を引き取る目的が違います。買取業者は基本的に買い取った車をオークションや店頭で販売する目的で買取ます。ディーラーは次の車を買ってもらうために引き取ります。

買取業者では売ることが難しいダメージのあるような車は買い取ってくれません。ディーラーの場合は多少問題がある車でも引き取ってくれるケースが多いようです。車の状態によりますが値段が付くだけマシという金額の可能性もありますが自分で処分するよりはずっと助かります。

車を下取りに出すデメリット

  • 買取よりも金額が低くなりやすい
  • 本当は高額で売れたとしても気付けない
  • オプションや社外パーツが評価されない

ディーラーの下取り金額というのは会社内で車種や年式で大体の金額が決まっています。そこから状態によって減点されていく感じで査定されます。それに対して買取の場合は高く売れそうな車は高く買い取ってくれるため金額の差はつきやすいです。

そのため実は買い取りに出していたら高額買取してもらえていた車が下取りに出したために何十万も低い金額になってしまうなんてこともあるわけです。買取業者に査定してもらっていないためにどれぐらいの価値がある車なのかは気付けなくなってしまいます。

また、新車購入時等に取り付けたオプションや後から購入した社外パーツというのは下取りでは評価されません。どんなに高いアルミやオーディオを付けていたとしても変わりません。買取の場合は人気のある社外パーツや需要の高いオプションを装備している車はプラス査定になることもあるのでここでも金額に差が生まれます。

下取りに関するまとめ

kuruma-satei

このように下取りにはメリットとデメリットがあります。高く売れなくてもいいから楽に手続きを済ませたいなら下取りの方が向いていますし、可能な限り高い金額で車を売って次の車の頭金等に充てたいなら買取業者に買い取ってもらった方が適しています。

何も考えずに下取りに出すのではなく、今の経済状況や時間を踏まえてどうやって売るかをよく検討してから決めていくのが良いでしょう。